「夕 水 面」(ゆうみなも)
          「太藺中何か起こりし水騒ぎ」        星野立子
 「ふとい」や「いぐさ」は、池や沼に群生する多年草である。夕暮れ時になると、庭の
池泉で真鯉の飛びはねるのを時折り見る事がある。瞬間の出来事でありながら、いつ
迄も心の奥に残っている光景である。