「幽  寂」(ゆうじゃく)
       「白樺を幽かに霧のゆく音か」        水原秋櫻子
 秋も深まった静かな明け方に林立する白樺。押し移る霧に無韻の境を感じさせる。幽かなひびきが遠く聞こえる様に思われる。霧の音にちがいないと…。