(1)

創作柄の下図案を描く
(2)

糸目用の図案を作る
(3)

手描用の図案に色鉛筆で彩色する
(4)

糸目用の図案を生地の下に入れ、ゴム筒で柄に
合わせて糸目を描く
  
※糸目は染料が柄の外に出ないように「堰(せ
き)」の役目をする
(5)

草木染料で彩色した図案を参考に、手描き(絵付
け)をする
(6)

手描き後、染料を生地に付着させるため、30分ほど蒸しに入れる
(7)

手描きをした柄の下に、のり置き(手伏せ)をし、
染料が上から入らないように防染する
(8)

草木染料で引き染め(地染め〜地ぼかし)をし、
媒染剤で再度引き染めを行う
(9)

自然乾燥後、蒸気で30〜40分蒸し上げ、水洗→仕上げ→修整(染料ムラ・汚れを修整する)を行う
(10)

仮縫いを行い完成